1. TOP
  2. エリア
  3. 八王子歴12年、広島出身者が語ります。【八王子のここが好き!】

八王子歴12年、広島出身者が語ります。【八王子のここが好き!】

 2017/09/15 エリア 八王子市 生活
この記事は約 8 分で読めます。

私の地元は広島県です。海や山など自然に囲まれた地域(はっきり言えば田舎)で生まれ育ちました。
学生時代もずっと広島から出ることなくずっとここで暮らしていくんだろなとぼんやり考えていました。
ところが、後に現れた夫となる人はなんと東京の人!
「うちが東京で暮らす・・・ちゃんとやっていけるんかな。
でも・・・このままここにおってもなんも変わらんじゃろうし。よし!何とかなるじゃろう!」
割とあっさりと覚悟を決め、主人の住む八王子で暮らし始めました。

とはいえ、まったく想像もつかない東京生活。
新生活への期待よりも心配事の方がはるかに上回っていましたが、おや?思ったよりもここ(八王子)暮らしやすいかも?と思うまでそう時間はかかりませんでした。
八王子に住んで良かったと思ったエピソードをいくつかご紹介します。

自然の中の都市 八王子

高いビルが建ち並び、その下を沢山の人が足早に行き交い、街頭ビジョンや店頭からは大きな音楽が流れ、夜もネオンやビル灯りで輝く眠らない都市。
私が東京と聞いて思い浮かぶイメージです。
そんな東京に憧れて上京される方も多いと思いますが
のんびりした田舎暮らしに慣れた私には暮らすとなるとかなりハードルが高い環境です。

でも、私が今住んでいる八王子市は想像していた東京とはちょっと違いました。
商業施設やオフィスビルもあるのですが、
広い公園が多く、休日は楽しそうな子供の声であふれています。
川沿いには遊歩道が整備され、のんびりとお散歩ができます。
上京してすぐの春、遊歩道脇につくしがぽこぽこと頭を出しているのを見て、「ここにも生えるんだ!」と驚き嬉しかったのを覚えています。
多摩丘陵でハイキング、高尾山登山など近くで気軽にアウトドア♪
都会の喧噪は少なく、楽しく自然に触れられる街です。

八王子についてもうちょっと詳しく

【出典 八王子市役所】

一言に八王子といってもエリア毎に特色も様々。
それぞれのエリアについて簡単にご紹介します。

中央地域

八王子の中心市街地です。
京王線、JR中央線の駅があり、どちらも新宿まで一本で行けます。
また国道20号線がが東西に、国道16号線が南北に走っていて自動車での移動も便利です。
駅前には商業施設が建ち並び買い物客でにぎわっています。
JR八王子駅北口から国道20号と国道16号が交差する八日町交差点まで続く「西放射線ユーロード」は歩行者と自転車専用の道路となっていて、イベントなども多く開催されています。

 

北部地域

大規模団地が開発され、人口の急激な増加と都市化が進んでいます。
帰省ラッシュ時などの渋滞情報でおなじみ?八王子ICがあります。
道の駅八王子滝山」は都内初、都内唯一の道の駅です。

 

西部地域

市内で最も広い地域で、西部にある陣馬山の頂上では360℃パノラマビューを体験することができます。
陣馬山から高尾山までのハイキングコースが人気です。(私はまだ未体験ですが結構きついらしいです。。)

 

西南部地域

ミシュランガイド三ツ星認定「高尾山」はこのエリア!
主要道路である甲州街道沿いにイチョウ並木、南浅川沿いに桜並木、多摩御陵参道にケヤキ並木などがあり、
甲州街道では毎年「八王子いちょう祭り」が開催されています。

 

東南部地域

東西に京王線と高尾線、南北にJR横浜線の鉄道路線が走り
また、東西に北野街道、南北に国道16号線が走っていて
鉄道でも自動車でも交通の利便性が非常に高いです。
京王線の北野駅から新宿までは特急で38分!
住宅地としての開発が進みスーパーマーケットなど暮らしに便利な施設が多数。
市場もあるのです!
八王子綜合卸売市場
八王子総合卸売センター

 

東部地域

地域の南側に高度経済成長期の深刻な住宅不足問題解消のために開発された「多摩ニュータウン」が広がっています。
ジブリ映画「平成狸合戦ぽんぽこ」はこの多摩ニュータウンが舞台。
多数の大学があり、学園都市八王子を代表する地域となっています。
京王相模原線が東西に走り、準特急停車駅の南大沢駅から新宿まで最短35分で行けます!

 

四季の移り変わりを楽しめる街

さて,前述の通り自然が豊かな八王子。

四季によって様々な植物を目にすることができます。
とくに街路樹の彩りは毎年とても楽しみです。

春はやっぱり桜!
川沿いにずっと続く桜並木がお気に入りです。
遊歩道は桜トンネルになり、うっとり見とれ足が止まります。

 

サルスベリ

つるつるした木肌が特徴。
枝の先にぽんとまとまって花が咲くサルスベリ。
漢字で百日紅と書きます。7月から10月の間花が咲き続けることが由来だそう。
紅とつきますが花の色は赤・白・ピンクとさまざまに夏の道路を彩ります。

 

イチョウ

イチョウは八王子の市の木です。
秋には道路沿いが金色に輝きます。

 

雪!

八王子は山に囲まれた盆地の中にある影響で、同じ東京都内でも都心と天候が全然違うことが良くあります。
特に冬は気温が下がり雪が降り積もることも。
すっかり葉っぱのなくなった木々に積もった雪は真っ白な花を咲かせてるようでとても綺麗です。
通勤にはやっかいな雪ですが、雪がめったに降らない瀬戸内育ちの私は、大人になった今でも大はしゃぎしてしまいます。

 

八王子市内から都心までは乗り換えなし!

とても複雑な東京の路線。
何本もの路線が絡み合っていてどれに乗ればいいのやらどこに行けばいいのやら…。
でもありがたいことに私の生活エリアは都心(新宿)から京王線一本で来れます。
初めて一人でここに来たときも最寄り駅まで乗り換えなしで迷うことなくたどり着けました。

ただ、私が乗ってきたのは各駅停車。
確かに乗り換えなしで行けるのですが、特急や急行に乗り変えて時間短縮する技があることを主人に教えてもらったのでした。
(まったり電車の旅も嫌いじゃないんですけどね)

 

八王子の家賃相場は23区の半分

新生活にはまず住居が必要になるのですが、気になるのは家賃。
毎月発生する費用なので、できることなら抑えたい!
とはいえ、実家暮らしだった私には適当な家賃やどんな設備が必要かなどまったく分からなかったので
バストイレ別がいい!という希望だけ伝えて部屋探しは主人におまかせしました。
決めた部屋は2DKで6万円台のアパートでした。

ところでやっぱり東京の家賃と聞くと高いイメージがあります。
しかし、これも23区と八王子ではずいぶん差があるのです。
もちろん都心の地価が高いので家賃もそのぶん高くなることは承知していますが、実際にどれほどの差があるのか。
調べてびっくり!
2DKの家賃相場を例にあげると、23区は多くの区で10万円以上。
その中で一番高い千代田区は20万超え!
八王子は私達が借りたところとほぼ同じ6万円前後でした。

都心に住むのはなかなか大変。それでも憧れの大都会で働きたい。
そんな人達にも都心へのアクセスが便利で手が届く家賃で住める八王子はおすすめかなと思います。

 

お買い物以外でも楽しい♪ショッピングセンター多数

八王子市周辺には多くのショッピングセンターがあります。

八王子駅前だけでも数件。また三井アウトレットパーク多摩南大沢(南大沢駅)や、今年完成した八王子最大級のショッピングセンターイーアス高尾(高尾駅)などなど他にもたくさん!
特に買う物がなくても見て回るだけで1日楽しめるので、一人でもふらっと出かけてみようかなという気分になれました。
子供向けのイベントが開催されていることも多く、娘が生まれてからはイベント情報をチェックして出かけたりしています。

東京で暮らす上で一番心配だったこと。

周りは見知らぬ人たちばかり。都会は他人に無関心と聞きました。
私自身人付き合いが得意でなかったため、頼れる人がいないという状況はかなり不安でした。

でもまったく問題なし!
引っ越してすぐのころ、洗濯物が雨に濡れているとわざわざ訪ねて教えてくださった2件お隣の人。
娘が産まれてから、顔を合わせる度に笑顔で「大きくなったねー」と声をかけてくださった大家さん。
大雪が降った時、マンションの人みんなで道具を貸し借りしながら雪かきしたこともありました。
また主人や義両親、仕事仲間や娘の学校のお父さんお母さん方、お世話になっている病院やお店のスタッフの方。
何年も暮らしていくうちに助けてくれる人たちが増えてきました。

でもこれはきっと八王子に限った話ではなく、お互い助け合いながら暮らす、そういうことがまだまだ自然にできる世の中なんだと思います。
ここで暮らし初めて10年以上になります。私も新たにこの地で暮らす方のお手伝いが少しでもできるようになりたいと思います。

 

まとめ

八王子で暮らしてみて。
・緑が多く気軽に自然とふれあうことができる。
・四季の移ろいが目に見えて楽しめる。
・都心までのアクセスが電車で一本。複雑な乗り換えなく安心。
・家賃は都心のほぼ半分。
・ショッピングセンターが多くおでかけの幅が広がる。
・見知らぬ土地でも助けてくれる人達はたくさんいる!

以上、私が八王子っていいなと思った点でした。
でもきっとこれはほんの一部。今後何年、何十年にもなるかもしれない八王子での暮らしの中で、新しい魅力をどんどん発見していくのが楽しみです。

初めて暮らす土地、ましてや上京ともなると様々な志や覚悟を胸に抱きつつも、やはり不安なこと、戸惑うことも多いと思います。
これから八王子で新しい生活を始められる方に少しでもご参考になれれば幸いです。

\ SNSでシェアしよう! /

We Love 多摩|多摩地域の情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

We Love 多摩|多摩地域の情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nami

nami

広島瀬戸内の気候でのんびり育ち、結婚を機に多摩地区へ引っ越してきて十余年。想像もしていなかった東京での生活におろおろびくびく・・・と思いきやどこか懐かしいこの多摩地区の雰囲気のおかげでやっぱりのんびり暮らしています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 多摩市のお花見スポット2018【Twitterにて乞田川の桜・開花情報も発信中♪】

  • 白神こだま酵母の販売店&パン工場【京王堀之内・サラ ブレッドハウス】

  • サンリオピューロランド

  • サンリオキャラクターと一緒にパレード! 多摩センターイルミネーション・イベント

関連記事

  • 【多摩センターってどんなところ?】イベントもたくさん・ 多摩センターへのアクセス&共同利用駐車場

  • 八王子ラーメン3つの定義・「ラーメン専門 しょうしょう(京王堀之内)」で再確認!

  • 【道の駅 八王子滝山】東京で唯一の道の駅、おすすめポイント

  • 多摩地域を地図で確認♪ 多摩北部・多摩南部・多摩西部、この市やあの市はどこにある?

  • 【八王子・100年婚姻届】そろそろ結婚を考えているカップル必見! 100年のまちで100年続くしあわせを

  • 京王線「どっちーも」定期券は本当に使える定期券なのか?